スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

42 スウェーデンの家を支える素材達 窓-2

writer:ダーラナの森

スウェーデンの家と言えば超高性能なガラスを三層にした上に、省エネコーティング、不活性ガスの充填など、盛りだくさんの特徴があります。また、木製の枠材やガラスを納める障子枠が厚くがっしりしている点も世界に類を見ません。1976年の法改正以後は現在の窓の原型となる木製三層ガラス窓がほぼ標準となり世界が驚かされました。1990年ころからは、ローイーコーティングにアルゴンガス充填の省エネ三層ガラスが標準化されました。
Extreme
そして最近のスウェーデンの新築マーケットでは、標準的な熱貫流率で0.8~0.9程度のものが普通です。単純に熱的性能を論じるのではなく、日射をどのように取り入れるか否か、取り入れた日射が外乱とならず、十二分に有効利用でき、室内の環境を最良に保てるかという議論が沸騰しています。つまり窓の性能だけでなく家として、最良の快適性を保ちながらエコな家の在り方を追及しているわけです。

一時は、無断坊住宅とか、パッシヴハウスとかやみくもに評価する声もありましたが、性能を上げれば上げるほど、夏場の冷房の必要性が高まり、研究者レベルでは冷房無しでと、相変わらず必死に、いろいろ研究していますが、実際にはそうはうまくいきません。

コントロールできない日射を入れて室内環境を壊すくらいなら、潔く日射遮蔽率の高いガラスを入れた窓やオーニングなどで、高性能化を図る動きが、一般マーケットでは多いような気がします。

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

41 スウェーデンの家を支える素材達 窓-1

writer:ダーラナの森

最近はスウェーデンの窓が高性能なことも、その知名度もずいぶん上がってきました。しかし、これらの製品にしても前述の断熱材はどれがベストかの議論同様、ハウスメーカーや工務店があまりにも自社採用品の良さをアピールするために、このような部材も本末転倒となる非難中傷合戦に巻き込まれているきらいがあります。
window01
まず、いたずらに性能がよければよいといったわけではありません。ドアや窓に求められる基本的な性能や特徴を満足させる必要があります。例えば、
デザインとセンス
スムースに多年にわたって開閉できる
防犯・遮音・断熱・気密が高い
施工性が高い
メンテナンス製が高い…etc.
等が重要となります。

また、スウェーデンから日本に輸入される多くのドアや窓のデザインや仕上げがスウェーデン国内で販売されているものと比較すると仕様や性能がかなり異なっていることが多いのですが、ちまたではあまり知られていません。

日本のマーケットでは、木質系のドアや木製の窓ということで木目が判るような仕上げが多く好まれています。しかしスウェーデンではこのような仕上げはあまりしません。特に外部に木を利用する場合、紫外線による影響や劣化を防ぐために木部は充分な塗装皮膜を構成する必要があります。荒い仕上げに充分塗料を乗せた塗装仕上げが中心となります。

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

流行り?

先週の台風の時に、スウェーデンに出張し、明日帰ろうと思ったらまた台風!無事帰れるでしょうか?<閑話休題> 昨日、ストックホルムの目抜き通りであるドロットニングガータンを歩いていたら、列をなしているファストフード点があり、なんと海苔巻寿司専門店!!!

ストックホルムは名だたる激しい寿司バー争いのある街で、一時は市内に200店の寿司バーがあったと聞きます。字を間違えました。SUSHI BARです。

sto_o1 寿司バーと書くと寿司が出てきそうですよね!もちろん、寿司のようなものが出てきますが、日本の寿司と、ストックホルムのSUSHI、そしてニューヨークでもどこでもそれぞれのSUSHIが、中華やイタリアンと同じように、不均質な国際的料理になっています。油でソテーしたSUSHIが出てきたこともあります。

ストックホルムのSUSHI BARも淘汰が進み、どこの通りにも交差点にもあったのが、少し少なくなったように感じていましたが、とうとう海苔巻バー、おっとNORIMAKI BARの出現です。入ってみるのは現地の日本人の評判を聞いてからにします。

最近は、食すに値するSUSHI BARが減ってきて困っていますが、これがストックホルムのSUSHIとして定着するのでしょうね。
プロフィール

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。