16-3 木へのこだわり その三

writer:ダーラナの森

s018 木へのこだわり その一・その二からの続き

木を壁・窓・ドアなど外部に利用するときは
荒い仕上げで、表面積をふやし
塗料の塗膜をタップリのせ耐久性を上げます

内部の仕上げの場合、
素地でも含侵でも塗装でも良いですが
人の手が触れる場所では
透明のコーティングが必須です

一方、同じ内部でも調湿・音の柔らかな乱反射を
利用したいときは、塗膜を構成する塗装は避け
素材と仕上げを選ぶ必要があります

最近の日本のグルメ番組では、まるで軟らかい食べ物が
おいしいものの条件であるがごとくなっています

歯ごたえのしっかりしたものや
荒い仕上げにも味があることをお忘れなきよう!
適材・適所・適加工が重要です
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

誠設計森の家

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード