スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当は、そのまま持って来たいのです・・・

writer:ダーラナの森より

家を運ぶ こちらは、スウェーデンのある取引先の写真。家ごと運んでいるシーンですが、私たちが輸入しているハウスエレメントはいろいろ制約があるのでこういうわけにはいきません。でも本当はこんな風に持ってこれたな良いなと何度も考えたことがあります。夢の中ですが・・・。なぜこんな様に持ってきたいかというと、いろいろ理由はありますが、いちばんは佇まいです。

工務店さんと話す時、この「たたずまい」をとても大事にして話をすすめます。プランを作る段階から相手はうるさいだろうなと思っていることを想像しつつ、でもこの雰囲気を大事にしたいと思っています。最近はなんとかその雰囲気を出せるようになってきましたが、日本で手に入る北欧からの輸入建材を利用して家を建ててもこうはなりません。

理由の一つに日本人の潔癖症的な習慣があげられます。工務店の社長も、営業も、設計も、現場管理者も、職人さんたちも、そして家の持ち主たちも過剰とも思える潔癖な議論や仕事をしようとします。結果としてできた家はきれいすぎたり、きちんとし過ぎたり。きれいときちんとが過ぎると、使い始めた瞬間がその家の存在のピークに見え、あとは古くなるばかりというふうに感じます。スウェーデンでは何事もほどほどです。完成後、施主さんが少しずつ手を入れて、品を変える余地が新築の家にあります。部位ごとに必要な維持更新計画なりの納まりが見たくなくても見えてくる仕上げなので、家人は維持更新時期を見誤らず積極的に維持していく余地を感じながら暮らします。維持管理された家はあとで高く売れるご褒美が付いてきます。

サマーハウス スウェーデンでは何事にもほどほどです。街を歩いていてもエルメスやフェラガモのバッグを持って歩いている人を見かけません。多分持っている洋服や靴の数も日本人の1/3くらいではないでしょうか。食生活も質素ですし、家の内外の維持管理やデコレーションはプロにやってもらったり完成品を買ったりでなく自分で材料を買ってきて楽しんでいます。世帯数ベースで言うと国民の半分がサマーハウスを持ち、同じく半分がヨットやボートを持って自然に親しみますが何世代も引き継いできたそれらの維持管理も自分たちでし、また孫子の代に引き継ぎます。

赤ちゃんができれば夫婦合わせて450日もの休暇を使って育児にいそしみます。スウェーデンの街を歩いていると乳母車を押す父親が多いことにびっくりします。乳母車で公共交通機関に乗ろうとするとみんなであげおろしを手伝います。どこかの国では相変わらず乳母車をたたまずに乗ってはだめだといって、母親に乳飲み子を片腕に抱えさせて、もう片方で乳母車や荷物を持って立たせたりする交通機関があることにもびっくりしますが・・・

スウェーデンには自分で利用する限り所有権は関係なく自然の野山に入って木の実や草花を楽しむ権利(自然享受権)があります。季節になると家庭菜園だけでは我慢できなくなった両親や祖父母に連れられて子供たちも野山に入り終日楽しんできます。彼らにとってはピクニックのようなものですが、その場で子供が感受できる知識や経験はかけがいのない体験となっているように見えます。当然、ピクニックだけでなく狩猟や釣り、そしてその総合体験が夏休みにサマーハウスで経験できることのようです。サマーハウスと呼ばれる建物の大半はバンガローのような質素なものですが彼らはそこに便利さや快適さを求めません。でも心豊かな生活があり、家族の交流が深い生活があるのです。そんな文化や習慣もそのまま持ってきたいと感じている毎日です。
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

誠設計森の家

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。