ノーベルメニュー

writer:ダーラナの森より

前菜 前回、ストックホルムへお客様をお連れしたとき、ノーベル賞の晩さん会で出されるノーベルメニューを食べてきました。

前菜・メインディッシュ・デザートで一人1500クローネ(約二万円)でした。安くはありませんが、お客様の記憶に残るディナーと思えば高くはないかもしれません。特に料理以外で値の張ることの多いワイン、シャンパン、ミネラルウォーター、コーヒーもしくは紅茶とすべての飲み物が含まれていましたのでスウェーデンの物価を考えるとリーズナブルといっても良いでしょう。

主菜 場所はノーベル賞の晩さん会が開かれるシティーホールの地下にあるレストランStadsHusKallarenです。駅の方から歩いて行くと通りに面したいちばん近い側の角にささやかな入口があり、薄暗い中、階段を地下へ降りて行くと中世そのもののダークセピアな雰囲気にちょっと気後れします。

予約の時にドレスコードを確認したら以下にもカジュアルスタイルのスウェーデンらしく特にないと言いながら男性はジャケットを羽織ってほしい、女性もそれなりにとやんわり教育的指導がありました。

デザート味も雰囲気も申し分なく、比較的小食な日本人にでも程よい量のお食事でした。多くの有名レストランが喧騒のなかで食事をすることを考えるとその静粛さにも☆三つといった感じでしょうか。

写真でそれぞれの料理を楽しんでください。ちなみに2008年のメニューで私は948番でした。
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

誠設計森の家

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード