1.1.4 プロローグ 3 省エネ温度と快適室内環境

writer:ダーラナの森より

日本では省エネ温度なる変な室内温度の考え方があります。この省エネ温度は行政の努力で衆智となっていますが、我慢を強いることはあっても一般的に快適な温度とはなりえないことが多いのが現状です。残念ながら、国民が快適に過ごせる室内環境の基準はまだ目にしたことはありません。

スウェーデンの場合、建築基準法の中で夏冬事細かに快適室内環境の基準が記載されています。その快適基準を参考にしながら検討すると、日本の温暖な地域でもスウェーデンと同じくらい断熱しないと、エアコンの冷風が人に不快を感じさせてしまいます。

S005 S006

実際、私の母も、「スウェーデンの家」に住む直前まで、夏、家全体にエアコンを利用することに恐怖感を持っていました。そういう意味では11月に入居し、暖かい冬を過ごした後に夏に向かったのは幸運でした。6月初旬のある日、母が私に、「やっぱりエアコンを入れるの?」聞いてきましたが、私の返事は「もう入っているよ!入っている存在を感じさせないのがこの家の特徴だよ」と説明しました。驚くほど電気代が少ないことも知り、母はこの家の大ファンになりました。

写真は涼しさを感じていただけるようスウェーデンの冬の凍った海の上のスノー(アイス?)モービルツアーと小島で暖をとった時のスナップにしました。氷上でのドリフトの感じはたまらなくすてきです!!このカテゴリーへのご意見ご質問は「dalarna@allmanplan.jp」の森まで。
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

誠設計森の家

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード