スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエーテボリ 08

writer:ダーラナの森

さて最後のイエーテボリです。ボルボミュージアム、ナント言っても車です。展示は、戦闘機や船舶などもあり、車も特殊な車両まで入れると百花繚乱。ご存知のようにトラックは本当にかっこいい!
でもいくつか厳選してお見せしましょう。
GT_16

P1900コンバーチブル、P1800クーペは実車を見たことがありましたが、こいつは初めて。私が生まれた年代の日本車は?それに比べてこの美しさ!今は猫も杓子(中国もインドも)も車を作る時代ですが、つい四半世紀前まで、スウェーデンを除き車をつくれるのは大国の証しでした。小国のスウェーデン、戦争をせず、戦後復興の手伝いを積極的にした結果、よそより早く豊かになった照明がこの車でしょう。美しい!!!
そこで、当然、P1800のエステート

GT_18 GT_17

私にとってのThis is the carがここにありました。言葉がありません。あれ、私はラテン好きで、ボルボに興味がなかったはずなのに、!!実車を見たら震えが来ました。

下の二点はおまけです。かわいいでしょ。こんなのから、おどろおどろしいほどでかいのまで、いっぱい展示されています。
GT_20 GT_19

次は何を書こうか?P1800エステートが美しすぎて、頭が回りません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

誠設計森の家

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。