スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

32. シンプルで豊かな暮らし - - - 開放感と閉所感 03 - - -

writer:ダーラナの森

開放感と閉所感と題しながら、家の形の話ばかりでごめんなさい。

実は、この2階部分の狭さが良いということが、主題です。大屋根タイプの家(1.5)がたいへん好評ななかで、大屋根の棟と同じ棟の高さで、今度は勾配を少なくしてみたら、ほとんど2階建て(2.0)と同じ利用勝手がありながら、1.25や1.5の心地よさが続きまして、これが1.75になりました。
h17501
2階は少し斜め天井がでて、屋根がおりてきている側にはフルサイズのキャビネットやタンスはおけませんが、やはり心地よい! 完全な2階建てとは異なる空間を、スウェーデンの人たちは取っても気に入り、1.5や1.75の家がいっぱい立つようになりました。

実は後になってわかったことですが、共有スペース(主に1階)は開放的にオープンにつくるのが合理的で使いやすいことがわかりました。その対極で、プライベートな部分(主に2階)で、寝たり休んだり勉強したり集中するような行動はややせまい感じが有効だと人間工学的に証明されたそうです。

上の写真は典型的な1.75です。次回は、その狭い空間をお見せしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。