北緯65度の夕暮れ

writer:ダーラナの森

緯度の高い場所での暮らし、太陽が沈まない白夜や太陽が顔を出さないクリスマス。なかなか説明しても分かってもらえません。日本にいると東から昇り、西に沈む太陽。

お見せする写真は先月中旬の夕方(6-10時くらい)の北緯65度に位置する街の風景です。

この写真は夕方6時過ぎの東西に開けた道の東の方向です。

sunset00

そう、この時期太陽は北北西に沈み北北東から昇ります。
この時間は西からは日が差さないので、東西に開けた道は、陰って暗くなりはじめます。

北緯65度は北極圏限界線より少し南なので、今の季節、夏至でも太陽は沈みます。北の空に一瞬沈みます。その間も空は青空です。

次の写真はもう少し後の時間、
sunset01


太陽はほぼ真横から、差し続けます。この時間が大変長いので、建物の北西の方向にオーニングのような日除けが必須でもあります。


sunset02


そして空は青空なのに、町は暗くなりはじめます。でも、高いところは最後まで日が当り続けます。

sunset03


もっと緯度が高い場所では、日中太陽は南に位置し、夜中は、北に位置します。

冬は、南の方で少し上がってまた南に沈みます。北の空は曇天なら漆黒の闇が、快晴なら満天の星が、時々オーロラが見えるのが、スウェーデンの北部の日中の空です。
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

誠設計森の家

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード