中国の活力-2

writer:ダーラナの森

ふたたび中国の話です。

上海02 写真は大連の床工場の最終工程。女性がいっぱいですが、皆少しづつ仕事が異なります。

写真に写っていないもう一列左で、大きな傷の製品をはねて修正工程へ持っていきます。いちばん左の方は、小さな傷を透かして確認して、はねたものは微修正の工程へ持っていきます。

次の列は5枚x2列の箱詰めに向け数を数えて、間に養生材を挟みます。

次の列は、成形前の平らな段ボールの上に置いた10枚の床を梱包します。折るかかり、テープするかかり、できた床を別の人たちが遅滞なく抜き取り、パレットの上に流れるように並べていき、別の人が次のパレットを置いているうちには、いっぱいのパレットをまた別の人が移動していきますが、全く流れが止まりません。手袋もせず素手でやっています。賃金も安いのでしょう。絶句でした。流れが止まると原因をつくった人や職場長が罰金とのことです。再び絶句。
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

誠設計森の家

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード