マニアな滞在先のお話

writer:ダーラナの森

今回は少しマニアックかもしれない紹介です。ストックホルム市内に大きな学会が二つもあった関係で、ホテルが高い上に確保しにくい二重苦でした。やむを得ず街の中心部でないところにホテルを取り、それはそれでよかったのですが、ストックホルム最後の晩は趣の異なるホテルを確保しました。
GHFront View GHEntrance view
Grand Hotel Saltsjobadです。良いホテルでした。ソーデルマルム(南島)のガムラスタン側のスラッセン駅乗り換えで行くローカル線。30分おきくらいに出ていて、ホテル名でもあるSaltsjobadが終点の所要時間30分弱の旅は景色も素晴らしく(お客様談)、最高だそうです。

GHOcean View 私はレンタカーで別のお客様とご希望のゴルフにお付き合いしていました。同じ車窓でも車の窓でメーラレン湖からバルチック海に通じるアーキペラゴ(多島海)の景色を楽しみました。元々はこれもややマニアなアーキペラゴの中心の街にある「ヴァクスホルムホテル」に泊まり、市内組のお客様には水上バス(約1時間)で来てもらうつもりでしたが、日曜日の夜はまともなレストランが開いていないということで急きょ変更しました。

最後はそのローカル線で市内組のお客様の小冒険旅行を完結でき、たいへん喜んでもらい、市内散策とあわせ1日の小旅行として、同等の満足コースができました。お客様に旅を楽しんでもらうための詳細スケジュールをつくった甲斐もありました。独自で動ける方には車がなくともお薦めです。
GHReceptionGHLobby
通常、大都市の中心部は旅行代理店の方が良い条件を持っていることが多いのですが、少し郊外や田舎に行くととたんに現地事情に疎くなり頼りなくなってしまうので、自分で手配したり具体的に代理店にお願いしたりしていますが、今回はイーマトラベルの美人で仕事ができて親切な矢野さんが探してきて下さいました。本当にありがとうございました。

写真は、玄関側正面、海側全体、ホテルからのオーシャンビュー、ホテルレセプション、2階のロビーです。2階ロビーにはクラシックな雰囲気に包まれたビリヤード台や古い書籍に包まれた趣のある静寂な空間でした。部屋も十分重厚感があり写真を撮り忘れたことを悔やんでいます。
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

誠設計森の家

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード