スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスホテル  その四 飲む食べる

writer:ダーラナの森

さて、旅の楽しみの一つ、食事です。ウオームルームコテージにあるレストランとアイスホテルのレストランのどちらにするかいわれ、当然アイスホテルのレストランをチェックインの時に予約しました。まさか、氷のテーブルに椅子ではと心配しましたが、道の向いにある立派なレストランです。ただ、ホテル内どこでもそうですが、写真に撮るとやたら色合いがアイスブルーといった感じにライティングが演出されています。
SS アイスレストラン 01 SS アイスレストラン 02
レストランも目で見るとそれほどではないのですが写真にするとかなりブルーが強く出てきます。光源のスペクトルがブルーに近いものを選び、視覚効果を深層の状態で作り出しているような気もします。ちなみにさすがにデザートの容器は氷で出てきました。

SS デザート on Ice 食事の後は、テレビでも見るかというわけにもいかず、寝るには早すぎるし、しらふで寝れるか不安がないわけでもありません。当然アイスホテルですからアイスバーへ繰り出しました。アイスバーはストックホルムの駅の前のホテルノルディックシー内にあるアイスバーに幾度か行っているので違和感のないいつも通りの氷のグラスに注がれたスウェーデンの代表的ウォッカ「アブソリュート」ベースのカクテルをいただきました。問題は寒いので酔わないので飲みすぎることです。同行者約1名が、翌日の午前中はあまり食べず口もきかず、カワイソーな状態でした。

SS アイスバー01 無事酔っ払い、その勢いでパジャマに着替えて-15度まで耐えられるスリーピングベッドにもぐりこみ、多少の紆余曲折はあったものの朝6時半近くまでしっかり寝ることができました。

朝起きるとまずはサウナ、ゆっくり体を温めました。そのあとの熱いシャワーの中では身体から汗が噴き出るようなちょっと変な身体の感じです。そのあとロビーで無料で用意されているホットリンゴンベリージュースをいただきました。すると、十分温まっている身体のはずなのに、リンゴンベリージュースが喉から胃の中に降りて行くのをリアルタイムで感じるのです。もう一口、飲んでもまだ同じ感じです。

SS アイスバー 02 今まで、どんなに身体が冷えていても感じたことのないフィーリングでした。冷輻射で低体温になっていたのでしょう。サウナでゆっくり身体を温めても、熱いシャワーを浴びても、その10倍以上の時間を-5度の世界にいたことによる冷輻射の効果で、身体の芯が(本当に芯まで)冷えていたのでした。日頃、輻射熱効果を熱弁している私が、その効果の強さに驚愕させてもらったこの経験は、ささやかな私の中の必然でした。

ちなみに、アイスホテルの結論、一度体験するには、塩のホテルや洞窟のホテルよりインパクトが強いような気がします。お勧めです。これから行く人はカップルで行きましょう。少なくとも男同士で行く場所ではないような!!!
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

誠設計森の家

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。