スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスホテル その一 -5℃に管理された部屋で寝る

writer:ダーラナの森

今年でアイスホテルは20周年でした。何十回もスウェーデンを訪れる機会があったのですが、アイスホテルに泊まるためだけに北極圏へは、いままで来れませんでしたが、とうとう宿泊の日はやってきました。

表通りから見ると木造コテージ形式のリゾートホテルの趣で、入口に建つ太くて高い表中くらいがアイスホテルを予感させるだけでした。少し拍子抜けです。
SS 全景
SS ID card 車を止め、フロントに行くと、お前はウオームルームに泊まるのかコールドルームに泊まるのかといきなり聞かれました。当然コールドルームだと答えたらレセプションはもっと奥だよと言われ、通りから見た外観の拍子抜けに続き、拍子抜けの二乗のようなかたちでアイスホテル初体験が始まったのです。

言われた通り、奥にむかって凍ったゆるい坂道を下り始めると正面にコールドルームの入り口が見え、右手にはレセプション棟がありました。

チェックインで、いろいろと説明があると思いきや、アイスホテルツアーが何回かあるので興味があれば参加しなさいと素っ気なく、泊まるための諸注意は5時からコールドルームのホール集合よと言われ、難しい話もなくチェックインを完了しました。
SS チャペル
滞在中はいつ泊まったのかのわかる日付入りのカードをアイスホテルの名入れのネックストラップを首にかけています。6時までは、日帰り入場者や木造のコテージに滞在する人たちが自由にアイスホテル内を見学するとのことで、本格的滞在は6時からです。施設内の教会(結婚式用)などを見学しました。

<次回に続く>
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

誠設計森の家

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。