スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

45 スウェーデンの家を支える素材達 玄関ドア-2

writer:ダーラナの森

edoor02 日本人の体格も随分と良くなりましたが、スウェーデン人は男性も女性も日本人より10㎝以上は背が高いようです。横幅もアメリカ人ほどではありませんが、骨格のしっかりした人やふくよかな方がいっぱいいらっしゃいます。彼らの玄関ドアの標準は、幅がドアの枠の開口で1m、高さは2.1mです。ところが、日本では、2.2~2.4mの高さや親扉の幅で満足せず小扉もつけるケースが少なくありません。

いろいろ理由はありますが、スウェ-デンでは長きにわたり安心して開閉できるサイズ、大柄な人でもストレスなく出入りできるサイズ、熱が逃げにくい構造やサイズを考えるうちにこのサイズになったようです。

日本で家を建てるときに玄関ドアのサイズをどのくらいにするか、ドアの性能をどのくらいにするか語りはじめるのはいつになるでしょうか? ちなみに外開きが常です。外から北風が吹き付けても、気密シールを圧縮してより隙間風が入りにくい構造です。イソップ童話にあるように、南の国に行くと太陽に暖められて風通しがいいような気密の低い引違のドアや、親子の大きな開口を求める文化とは異なります。

もっとも温暖化で、窓やドアを開放して暮らせるような恵まれた地域がなくなってきましたよね!加えて、密集した地域では気候が良くても開けっ放しにはできなくなりつつあるのが、現在の日本の都市構造になってきているようです。
スポンサーサイト
プロフィール

誠設計森の家

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。