スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエーテボリ 06 ボルボ

writer:ダーラナの森

GT_21 仕事柄、私は周辺の人から、当然、ボルボに乗っていると思われていたり、次はボルボだよねと勝手に想像されたり、北欧へ行けば、レンタカーは(Hertzで手配なので)ボルボのケースが多いのも確か。でもオートバイは1リットルのVツインのアプリリア、車は3リットルV6のシトロエン、つまりラテン系。期待を裏切ってごめんなさい。
GT_12
さて、イエーテボリと言ったらボルボ、今回はボルボ博物館を見てきました。ただし、円安の中、お客様のご要望で経費削減、安くて有名なバジェットで、車は小さめで予約したら、あてがわれたのはイノチェンティならぬフィアット500。ワーイ、ラテンだぁーとも言えずに、大の男が3人で乗って、ボルボミュージアムへ!

展示内容には想像もしていなかったような車や、子供のころ憧れた車、未来車など見どころ多数でした。意外と面白かったのはロゴの変革、この後に、一部をお見せしましょう。
Let's go Volvo museum tour!
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

プロフィール

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。