スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルディックウォーキング

writer:ダーラナの森

ご存知の方も多いかと思いますが、北欧ではウォーキングと言えば、ノルディックウォーキング!私も、2008年に自宅から3.5kmの場所に事務所を移転させて以来、通勤は、電車・バス・車・オートバイ・自転車・徒歩とその日の仕事の内容・気分・天気で気ままに選んでいます。

徒歩で来るときは、当然ノルディックウォーキング!その雄姿は、
NW01
ストックの先(石突きといいます)にゴムのカバーを付けて腕の力でも歩く力を推進します。
姿勢が良くなり、腰やひざの負担が減り、上体の筋力もたっぷり使うヘルシーな歩き方ですが、日本では、とくに都会ではあまり普及していません。

ノルディックウォーキングで歩きはじめて、血糖値が下がり、足首の痛みが取れ、腰痛が減少し、ウエストは20年前に戻り現在進行形で減り続けています。(少し誇張が入っています)弱いところに負担が少なくとても良いですよ。

私の愛用のスキー用だったストックを、短く詰めて、専用のラジアルタイヤみたいなパターンのついたラバーカバーを付けて利用しています。
NW02
先日、このことをブログにアップしようとストックの先を見たら、パターンがあったはずなのに、左手側はつるつる、かろうじて右側に溝が残っていました。道の右端を歩いているので右側の方が不整地や側溝などで、突きにくい分、摩耗に差がでたようです。

ちなみにスウェーデンでもよく見かけますが、けっこうカバーがついているのにカチカチ音を立てながら歩いている人を多く見かけます。擦り切れて先が飛び出しているのでしょうね!
NW03 NW04
右側の写真はストックを握った状態です。実際には握って推進力を得るのではなくこのストラップ(昔は手皮といいました)を介して力を加え、握りは緩くしておくと道へのグリップが向上します。

10分も歩くと、今の季節でも上腕あたりが明らかに暖かくなり、ストレスの低い全身運動が楽しめます。お薦めです。
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

プロフィール

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。