スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26 デザインと色彩のある暮らし 9

writer:ダーラナの森

デザインされ、維持管理された良い家が年代を経ると
内外が、セピア色に包まれたかのように
美しい経年変化が見られます

sepia01

まるで、一面に飾られた家族の記念の sepia02
ポートレートが年代を語るがように・・・・・・

また、スウェーデンの家は、経年の変化とは別に
シャープさと柔らかさの混在
モダンとトラディッショナルの混在
を多く見ることができます

それがスウェーデンスタイルの
リヴィングデコレーションの真骨頂
かもしれません

もっとも、ここでのリビングという言葉は
インテリアを指すのではなく、
生活そのものと考えた方が良いでしょう

ここのところ
ファブリックの使い方の例などに
終始していました
この後、灯りを題材に
展開をしたいと思います
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

Tree Hotel again 4

writer:ダーラナの森

最終回をかざるのはなんと「UFO」!
Treehotel_The UFO_03
下の写真は運んでいるときですが、周辺の車はびっくりしたでしょうね。
Treehotel_The UFO_01
真下から見上げる絵です。このキャビンだけは、連泊のゲストがいて中を見ることができませんでしたが、中は結構広くできていて、一番開放感があるとのことです。階段の下りてくる風景をちょっと見たかったのですが・・・・・・、残念!
Treehotel_The UFO_05
次のキャビンは極めて著名な建築家の作品で「ブルーコーン」という名前なのに外壁色はなんとオレンジ。オーナーも芸術家肌の人の考えはよくわからんと言いながら、満足そうでした。
Treehotel_The Blue Cone_02
中は洗練された山小屋風ホテルといった趣で、階段上のエキストラスペース(ベッド)からは北極星やオーロラが目前に迫るいかした設計です。となりの写真はセンターロッジでミーティングルームとサウナが利用できます。
Treehotel_The Blue Cone_03 Treehotel_Centerhouse_04
このほかに、スウェーデンらしい古い木造の本館があり、そちらに泊まることもできます。すべてのキャビンの食事のサービスは本館だけとのことでした。強い吹雪の日は、遭難しないように対策をしないと朝食が取れないのではと考えたのは私だけでしょうか?

ストックホルムにあるノーベル賞の晩さん会や舞踏会を行うことで有名な市庁舎のメインホールがブルーホールという名前で、ブルーと言いながらレンガ色でした。こちらのブルーコーンもブルーと言いながら、ハンティングの時にきるオレンジのジャケットの色そっくりのオレンジです。何か発想に共通点でもあるかしらんと、最後に頭をひねったホテルツアーでした。

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

プロフィール

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。