スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八日目九日目のスウェーデン

writer:ダーラナの森


北極圏 昼から住宅会社と打ち合わせがあるので朝一番で食事を済ませアイスホテルをチェックアウトしレンタカーで出発しました。北極圏ドライヴです。何もありません。寒いので道路は車の走るところはドライ、すぐ脇はサラサラの雪の圧雪か超ハードなアイスバーンで単調そのものです。

クルーズコントロールで100km/hでいつまでも走り続ける単調な道です。細く、低く、密度の低い木々の森と丘と湖(完全結氷)の連続でした。

200kmほど南下すると北極圏に暮らすサーメの人々の文化的中心の街ヨックモックにつきました。キルナ同様小さな街ですが毎年冬にサーメのお祭りが盛大に開かれる街でもあります。

北極圏家
Kaizen








ほどなく走ると北極圏限界線(北緯66度33分39秒です。積雪で線は見えませんが、旗が立ち看板が立っていたので一目瞭然です。一応、記念写真を撮り北極圏ドライヴも終わりですが、森の密度や木々の高さが大きくなった以外は相変わらず単調なドライヴでした。

1週間前の春分の日には昼と夜が同じ長さになり、以後夏至までだんだん日が長くなるわけです。北極圏は夏至には夜がなくなるわけですから、わずか1週間しかたっていないのに昼が長い長い!1年365日毎日の、昼や夜の時間が変化するのを実感できるようです。

住宅会社は周辺の村も雪の中、2年前の冬は超暖冬で1月の工事中に雨が降っていた地域とは思えません。もっとも、当人と工場へ視察に行ったとき、えらい薄着なので、尋ねたら日も長くなり気温も高くなったのでもう春だよと一言。(雪の舞う氷点下ですが確かに前の週より15℃くらい温かい)

彼らの事務所には、日本の改善の5SとしてSeiri, Seiton, Seiso, Seiketsu, Shitsukeと書かれた掲示があり、我々の仕事と姿勢を見てやったのかと尋ねたらビジネススクールでトヨタモデルを学んだんだといわれ嬉し悲しでした。

打ち合わせも終え、ルレオ空港からストックホルム空港へ帰り、空港近くのホテルへチェックインしました。

翌日九日目はゆっくり起きだし、荷物をまとめて帰国です。空港へ行くと機械でチェックインして座席まで決まっているにも関わらず、荷物をドロップするカウンターでオーバーブッキングだからフィンランド経由でと言われ、発券も終わっているのにかい!といったら、まあいいかといってそのまま行けと言われました。

や~な予感です。SAS名物(個人的ですが)トラブルかよ!と恐る恐るコペンハーゲンへ行き成田行きの便にチェックインしようとしたら私の航空券を機械にかけるとポンと音が出て、やばい!!と思ったらオーバーブッキングで席を替わってくださいとアップグレードされ逆にラッキーとなりました。同行者には申し訳なかったですが、帰りの便も快適に、でもシートの背中を幼児に蹴られながら泣き声に耳栓をしながら無事帰国しました。

写真は、北極圏限界線、雪に沈む住宅街、5Sの掲示です。
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

六日目七日目のスウェーデン

writer:ダーラナの森

ガムラスタン01 六日目は土曜日、前日までのミッションに追われた日々からすれば安息日です。地下鉄グリーンのラインで二駅で行けるガムラスタン(旧市街)を目指し、郊外の景色や市民の動きを感じてもらうために遠回りに乗り継ぎガムラスタンにゴー!

ガムラスタンでは取引先のランプシェード屋さんに仁義を切って島内を徘徊しようと思ってよったら、同行者は早速ランプシェード屋さんでお買い物をはじめ朝の売り上げに貢献してしまいました。あとは、旧市街の数多いお土産屋やソーホーっぽいデザインショップを冷やかし、掘り出し物を見ていたら、お客様が、あるショップでムースの上質なジャンバー、別のお客様が高密度のフエルト系の上品なラップランドショートコートをそれぞれ80-90%引きのオンリーワンの特価品を探し出し大喜びでした。

ノーベルミュージアムの前のレストランでお昼をいただきましたが、日本のどこかの議員先生を中心とする一行の隣になってしまいましたが、大きな声で周りに気づかい無く、話している様を見て、我が身の振る舞いを改めるきっかけになりました。感謝です。

午後は、同行者の希望で二手に分かれ、私はレンタカーを借りてストックホルム郊外の住宅街を視察しました。良い住宅街ですが雪解けが始まり、埃っぽいためよい写真は撮れなかったようです。

七日目はツアー組の帰国です。ストックホルムアーランダ空港へ行き、帰りの乗り換えの案内やチェックインのお手伝いをし、お帰りいただきました。残ったメンバーでスウェーデン北部の取引先である住宅会社へ向かいました。今回は時間があるので少し回り道をしてあの「アイスホテル」へ宿泊です。
キルナ
キルナ空港でレンタカーを借り、キルナ市内で昼食後有名な木造の教会を見、アイスホテルの近くのこれも木造の小ぶりな教会を見てアイスホテルへ到着、気温は―7℃くらい、小雪模様と想像よりだいぶ好天に恵まれましたが、オーロラを見ることは無理そうな空です。

アイスホテルは近日中に特集を組んで紹介します。写真は休日の朝の閑散としたガムラスタン、下は、キルナとアイスホテルの近くの教会のスナップ。

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

四日目五日目のスウェーデン

writer:ダーラナの森

お客様のお世話に忙しくほとんど写真が撮れていないのですが、今回の出張では数多くブログをアップしますと約束しましたので頑張っています。

四日目の朝、借りて以来500Kmほど移動手段で利用したレンタカーを森の王国の北の出口ナッショウ駅(実際のイントネーションはまったく違います)で乗り捨て、スウェーデンの高速長距離電車X2000で一路ストックホルムへ向かいました。

20100327_01

昼過ぎにホテルにチェックイン、ホテルから50mのところにあるノーベル賞の授与式が行われるコンサートホールの前の市民市場の地下で昼食です。ずっとスウェーデン料理ばかりだったので、息抜きに日本人の経営するSUSHIバーで箸休めならぬ胃袋休めをしていただきました。

お客様をお連れすると快く味噌汁のお代りを出してくださるマスターには毎度感謝です。お客さまの顔つきが穏やかになりました。

四日目の午後と五日目の午前は建材展の視察です。EU2019議決に基づく超高性能化への布石として、断熱構造や開口部材の多様化、熱回収やエネルギー生産設備の開発などスウェーデンの建築業界は明らかに超高性能化の道へ急上昇しようとしている息吹を感じました。

20100327_02

五日目の午後はエコタウン「ハンマビー」の散策と北欧で一番大きい設計事務所のストックホルムオフィスの見学でした。夕食は初訪問組がノーベルディナー2009、リピーター組がみそラーメン餃子セット、コストは10倍の差でしたが、それぞれが大満足で視察の行程を終えました。明日は市内でお買い物や散策です。

写真は上がエコタウンの最終段階の建築現場の様子、手前には人と水鳥達がからだを休める冬ですが穏やかな光景です。下は、エコタウン見学中の満足そうにくつろげている参加者の一コマとノーベルディナーをいただけるシティーホールの地下のレストランです。

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

プロフィール

誠設計森の家

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。