スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティグ リンドベリ (Stig Lindberg 1916-82)

writer:ダーラナの森

前回に引き続き、個人的な好みですみません。英語読みではリンドバーグになるのでしょうか?

私の好きなデザイナーで、スウェーデンの代表的陶磁器メーカーGustavsberg社の主任デザイナーをつとめた方です。Gustavsberg社と言えば、あのノーベル賞授与式直後に、シティホールのブルーホールで開かれる晩さん会で利用される食器で有名です。

また、最近はデザイナー リサラーションさんの作品で同社を知る方も多いと思います。でも私は、選んでいくと、Gustavsberg社の製品もリサラーションさんの作品もそれほど触手が動きません。ところが、スティグ リンドベリの作品にはいつもなにがしらの啓示を受けたような気がし、いつの間にかファンの片隅に坐するようになっている様な気がします。

StigLindberg1982MariaTS
StigLindberg1982MariaBS

先日、スウェーデンに行った折に、聞こえ良く言えばアンティークショップにたちよりほとんど衝動的に(当然安いと思って)買い求めたのが、写真の品です。

他にも10枚ほど皿を買いこみ、あまりにも重いので、この皿以外は、今月出荷されたコンテナに同梱してもらうよう取引先に頼んできました。そちらも到着したら紹介しましょう。

ファンと書きましたが、別に熱狂的なファンというわけでなく、最近気がつくと、彼の作品が身の回りに増えてきたり、彼のデザインした布地をあしらった商品を販売したり、人へ押し付けがましくプレゼントしたりしているという程度です。
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

Tree Hotel again 3 「ザ キャビン」

writer:ダーラナの森

ツリーホテル詳細の3回目です。

ほかのキャビンと比べると一見、普通のコテージ?
いいえ違います。入口は、斜面の上からつり橋を渡り、キャビンの屋上に入っていきます。玄関のドアを開けると急角度の階段があり、室内は下界とは遮断された空間が出現します。高いところにあるキャビンにアイソレートした感じを出すために屋上から降りてくる、極上のしかけです。

Treehotel_The_cabin_01
Treehotel_The_cabin_03
室内はデザインハウスストックホルムプロデュースの専用デザインの良質なインテリアの空間です。大きな窓からの四季の景色も極上ですが、専用デザインの照明機器群も穏やかで温かな空間の提供に一役買っています。
Treehotel_The_cabin_06
嗚呼~、また書き過ぎてしまった。写真でお確かめ下さい。
Treehotel_The_cabin_05
入口のある屋上はバーベキューもできます。トイレは全館共通で燃焼させ微生物で分解という超エコ型トイレ、手洗いはオヤジやご婦人なら知っている昔懐かしい、タンクの水をちょろちょろと使います。ただしデザインはすごい。
Treehotel_The_cabin_08 Treehotel_scene_10
夢多き代物といった風情を感じます。

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

デザイントリエ

writer:ダーラナの森

スウェーデンの生活雑貨を語る上で欠かせない店がデザイントリエ(DesignTorget)。 カタカナではデザイントルイェッと聞けるのですが、誰もそのように表記していないのでもっとも一般的と思われるデザイントリエと書きます。

Designtorget

記憶では90年代前半位に開店した店で、生活雑貨や用品・文房具・家具系小物の秀逸なデザインや機能を持ったものを集めたセレクトショップの先駆けといったイメージです。と書いてしまうと実も蓋もないのですが、北欧、特にスウェーデンの美しいデザインに富んだ小物を世に知らしめた店といった方が当たっているように思います。

ここ十年、スウェーデンの大きな街を歩けばすぐ目にできるくらい店舗も増えましたので、スウェーデンに行ったら一度はのぞいてみてください。ちなみに行くたびに新しい商品に満ち溢れています。ただし買いそびれたものを買おうと再訪しても変えないことも多々あるくらい入れ替えられています。

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

グッドデザインに1票

writer:ダーラナの森より

blog0007 スウェーデンの取引先の1社であるFresh 社よりささやかなシーズンギフトが年に2回届きます。まるでお中元やお歳暮のようです。今年の夏は真っ白なサーモカップ。

普段利用しているスタバ(STARBUCKS)のサーモカップに比べると、持ち手が大げさな奴だと思いながらもいながらもさっそく使ってみました。

使ってみると、実に飲みやすい!
しかも、保温力がよい・容量が大きい!

最初は変だと思ったデザインもよくよく眺めてみると、なかなか考えられている!なんと、Fresh社のロゴは右手で持つと、当人から見えずまわりの人に宣伝するようになっている!

最近めっきり都会に出なくなっているので都会では当たり前なのかもしれませんが、身の回りでは久しぶりにグッドデザインでした。長年貢献してくれたスタバのカップへも感謝。

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

アラビア

                                          Writer: ダーラナの森より
 
夏至を少し過ぎた某日。打合せに訪れたスウェーデン大使館で「北欧の生活デザインと文化展」の案内を目にし、急遽午後の予定を変更。仕事でも重要なパートナーの妻を呼び出し、午後は新宿デートとなりました。

リビングデザインセンターOZONで開かれていた展示会では、50年代につくられた素晴らしいデザインの椅子・照明・生地・生活用品が多く出展され、(スウェーデンウォッチャーの私が言うのは何ですが)なかでもフィンランドのアラビア製アンティーク陶器には心動かされるものが多くてびっくり!次にフィンランドに行く機会があったらアラビア美術館とアウトレットは必訪!と心に誓うほどでした。

        壁かけのキャンドルホルダー①     壁かけのキャンドルホルダー②

こちらは、私の好きなスウェーデンの田舎の小さな窯元でつくられている「壁掛けキャンドルホルダー」。残念ながら、会場では触ることも撮ることも許されていなかったので、この写真で癒されてください。日本ではまだまだ壁にかけて炎を楽しんでくださる方が少ないのですが、テーブルの上とはまた違った趣があるのでおススメです。テーブルトップだと炎を見て楽しまなきゃいけないような脅迫観念があるようにも思いますが、壁だと視線が泳ぎにくいせいか、炎というより灯火といった感のやわらかで優しい趣があります。

帰宅後コンピュータをたたき始めて思い出したのがこのブログ。私からするとお客様の一社でマーケッティングを担当されている優しくもクールな女性、Wさんから厳命されていた「初めてのお使い」ならぬ「初めてのブログ」の原稿を書き始めることにしました。それにしても何を書いたらよいのでしょう?
少々とまどいながらのブログデビュー、今回はこのへんまで。

テーマ : インテリア・雑貨
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。