スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外壁の塗り替え

writer:ダーラナの森

ちょっと前の話で恐縮ですが、自分の家(スウェーデンの家)の外壁のペンキの塗り替えを自分でしました。

ジョン・グリシャムの小説で「ペインテッド・ハウス」という本があり、アメリカの南部を舞台にした小説ですが、ペンキが塗ってある家は裕福で、塗っていない自分の家にいつの日かペンキが塗れるようになりたいと考えている少年が主人公です。原文を読もうとペーパーバックを買ってきましたが、早々と断念をして、文庫本をあらためて買って読んだほろ苦い記憶付きの小説です。

そんな思いとは別に、スウェーデンの住宅街を散策すると、ところどころで自宅のペンキ塗りを見かけます。皆、はしごや部分足場を使って自分たちで塗っています。一度やってみたいという欲求がじわじわと形成されたのでしょう。まだ早いにもかかわらず、築後9年で我が家のペンキ塗りに挑戦しました。


塗り替え01 塗り替え02
サーモンピンクの木製外壁をライトブラウンのペンキで、白い部分はそのまま同じ色で上塗りしました。さいたま市で日当たり、特に西日の日当たりが良いところですが、思ったより木が傷んでいませんでした。 始めた以上は最後まで、おもに夫婦二人で、やりました。

5月の連休をベースにやったのですが、たいへん暑いの一言。でも、だんだん塗り替え部分が増えてくるにあわせるがごとく、日増しにやりがいもアップし、終わってみれば、苦しくも楽しい日々でした。

終わっての感想は、こんな楽しい仕事をお金を払って他の人にやらせるのはもったいない!本音です。安全にだけは気をつけましょう。
スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

秋の味覚

writer:森の家ギャラリー夫人

先日伺った 小料理さんでステーキの付け合せに
アケビの皮を細切りにし お肉のタレで絡めた物が添えられていました
あけび3
アケビと言えば 中のワタ。ワタをいただく物と・・・
う~ 目から鱗です!ほろ苦く(>_<;)!ゴーヤに似たお味です
東北の方では、ハンバーグの具材をアケビの皮に詰め、
蒸し焼きにして頂くようです(桶とみ・料理店店主さんのお話)
アケビの蒸し焼き料理、次回は是非挑戦して見たいと思っています

渋皮煮
↑渋皮を傷つけないように、今年は老眼鏡を掛けての奮闘です
地元 小布施栗の素材の良さに助けられ、美味しい渋皮煮が出来上がりました

快適な室内

writer:森の家ギャラリー夫人

IMG_2437.jpg ご無沙汰しております。久しぶりのブログとなります。
連日35度以上超える
暑さが続いていますね。
例年、我が家では、夏には北側の窓を開けるなどして通風で過ごしてきましたが、 この夏の
異常気象でとうとう常時クーラーを使用することになってしまいました。

オーニングと障子で日差しを避け、日中の時間帯はクーラーを付けています。 夜はOFFにしますが、室内の温度は朝まで29度に保たれ快適に休むことが
できます。
以前、沢山の人が集まる機会が有り、一日中家のクーラーをフル回転させた
ことがありましたが、その夜、寒くて冬の布団を掛けて寝たことがあります。
「冷輻射」とでもいうのでしょうか?家の新たな発見でもありました。

我が家のシャクナゲ

writer:飯綱の天狗(オーナー主人)

飯綱高原の家
家を新築した際に植えたシャクナゲの花
粘土質の土のためか上手く咲かず、
例年気に掛けていました。
樹木医さんに相談し、腐葉土を加え、
藁(わら)を敷いて土の改良をすることに。

NEC_0028.jpg
手塩にかけて育てたおかげか、今年は沢山の花をつけました。

美人薄命、見逃すまいと写真に納めました。


天狗カーニバル

writer:飯綱の天狗(オーナー主人)

先日、我が家から程近い 霊仙寺湖畔で「天狗カーニバル」が開催されました。
090825.jpg
毎年 我が家に友人を招いて
霊仙寺湖に繰り出すのが恒例。

今年は天気に恵まれたこともあり、
カーニバルは大盛況。
たいへんな賑わいです。

夜は「天狗の火舞花火大会」。
高原の花火大会だけに、
すこし肌寒いのですが、
とてもきれいでした・・・。

 

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

プロフィール

誠設計森の家

Author:誠設計森の家
【ライター紹介】

◆ダーラナの森より
永年スウェーデンの輸入に携わってきた、スウェーデン通。スウェーデンのやわらかい話しからカタイ話までおまかせ。

◆小布施 森の家夫人
小布施町の森の家ギャラリーで、おいしいコーヒーを入れて迎えてくれるオーナー夫人。たいへんなお料理上手!お立ち寄りの際にはぜひ、「野沢菜」を!

◆飯綱の家のてんぐ
スウェーデンの家に魅せられ、高原に赤い家を建てられたご主人。日常から離れ、山で静かに過ごす時間を紹介してくれる。

◆管理人 わた&くろ
誠設計の広報2人娘。
わたは、スウェーデンに感動のひとり旅して以来、ものすごく縁を感じておりマス。くろは、わたの話を聞き、まだ見ぬインテリア王国に憧れを抱いております。

誠設計事務所ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。